>  > 貪欲過ぎる風俗嬢にやや自信を失くす

貪欲過ぎる風俗嬢にやや自信を失くす

フェラしながらオナニーする風俗嬢はそれなりにいるけど、こちらが手マンしている時に更にオナニーしてくる風俗嬢はなかなかいないよな。オナニーと言ってもオッパイや乳首を揉んでいたんじゃなく、クリを揉んでいたので、こりゃ相当なエロ女だろう。まぁこちらがクリを舐める手間が省けたから楽出来て良かったけど、あの年であれだけ快楽に積極的だと熟れ頃を迎える30代後半には彼女、どうなっちゃうのか正直心配だよ。まぁ若い頃遊びまくると、早く枯れちゃうっていうから、案外落ち着くのかもしれないけどね。とにかくこの彼女、こちらの責めが物足らないのか終始、自分で尻は揉むは、横からパイを押しつぶすはと大忙しだった。まぁこういうエロ女は基本嫌いじゃないけど、自分の責めにちょっと自信を失くしてしまったのも事実。自分でいうのもなんだけど男心って結構複雑かもしれない。まぁただおかげで、こちらもいつもより力を入れた責めが出来て、良いストレス解消になったけどね。

風俗を知っている男になってきた

自分もようやく風俗を知っている男になってきたんじゃないかなって思えるようになってきました(笑)知っているっていうのは、分かっているって事ですね。一度や二度風俗を利用するだけではその境地に達するのはなかなか簡単ではないんです。でも、何度も利用するようになって、何となくではあるんですけどどんな世界なのか。そして女の子はどうやって選ぶべきなのかとか、何が良い子なのかっていうのが理屈ではなくて体で分かって来たような気がします。そこに至るまではなかなか難しかったというか、時間がかかったというか、そもそも別にそれを目指すために抜きに行っていた訳ではないんですけど、でも気付いたら何だかそれがとっても楽しめるようになってきたんですよね。前は女の子と対面する時はどうしてもガチガチに緊張してしまっていたんですけど、今ではそんな事もなく、普通のノリで楽しめるようになってきたので自分もレベルが上がってきているんじゃないかなって。

[ 2015-03-03 ]

カテゴリ: 風俗体験談